ショッピング枠現金化のメリットデメリットは要確認

ショッピング枠現金化のメリットデメリットは要確認

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化を行う業者が増えてきています。

 

また、それを利用するお客も増えているようです。それがどのようなサービスなのかの説明は省くとして、メリットとデメリットに着目していきたいと思いますが、それぞれが現実的な解釈として何が望め、何が不安要素なのか、まずはメリットから記述していきます。

  • 利率が良い
  • ショッピング枠の金利だけで考えた場合、通常のキャッシング枠より低い利率で工面できる

     

  • すぐに対応してもらえるので困ったときには便利
  • 与信枠のショッピング枠が余っていれば審査無しで利用でき、Webにも対応しているのでスマートフォンから簡単に24時間いつでも現金化が可能

     

  • 融資ではないので借り入れ履歴が残らない
  • 住宅ローンや自動車ローンを組むときに信用情報から借り入れ履歴の調査が入るが、そういった面での心配がいらない

     

  • 借金があっても借りることができる
  • 世間一般的な消費者金融や金融機関から借り入れができない状態でもクレジットカードさえ持っていればショッピング枠を利用して現金を得る事が可能

と言ったことが挙げられる一方で、次のような不安要素・意見もあります。

  • 高額な手数料を取られるケースがある
  • インターネットで見つけたショッピング枠現金化業者で資金を工面しようとしたけど、最初の応対は丁寧だったものの途中から細かい部分についての説明は威圧的な男の方から受けた為よく覚えておらず、結果として手元には6割くらいのお金しか入ってこなかった。

     

    このケースでは、業者側の説明責任は果たしており、利用者の注意不足が原因となるので泣き寝入り状態になってしまいます。このように暴力団が絡んでいるケースも稀にあるようです。

     

  • 最悪退会処分がある
  • 業者から「決済が通らない」と言われ、残高を確認したところまだ余裕があったので当人は理由がわからないままだったようだが、他者の後の見解では与信枠を限界まで使っていた為に、上限の枠が見直された可能性があるとされた。

このようなケースの場合、発行会社から規約違反対象者として見られていることが考えられる為、この後もしくは次回にはクレジットカードが停止される可能性が高いです。

 

まだこの他にもいくつも例にできそうな話はありましたが、個人的には利用しないほうが良いとの結論に至り注意喚起を行っています。