ショッピング枠現金化の隠された謎に迫る

ショッピング枠現金化の隠された謎に迫る

キャッシング枠を使用した低利率借り入れができるサービス・・・ではありません。

 

それは通常の借金・融資と同じであり、ショッピング枠現金化は貸金業とは異なる営業形態とされているので一見勘違いされやすいです。

 

他の方法にも金策は存在するのですが、今回はこの「お買い物枠」を使用したショッピング枠現金化サービスの正体に迫りたいと思いますが、その対象は関連ワードで検索してみて、比較的目にした屋号名を取り上げて分析していきます。

 

我々利用者からすると一番目に飛び込んできやすい換金率ですが、とあるサイトでは還元率97%を謳っていました。

 

これはあくまでも「最高」の利率ということで有り、特に初心者や既に経験済みで乗換をしようとしている方にとっては、隣の芝が青く見えている状態である事を前提に考えていただきたいのですが、この数字にはからくりがあり、借りる数字が大きければ還元率も計算上は97%に行くということを指しているものと思われます。

 

それぞれ発行元や名義人の経済環境などにより最大借入限度額は異なりますが、ショッピング枠現金化を使用する客というのはそのほとんどが審査の甘い信販系クレジットカードを使用しており、大体上限100万円が良い数字ではないでしょうか。

 

でもこの金額を分割で支払い続けることが出来る方で無ければ、この金策を使う機会やメリットは無いと私は考えますし、500万円に対しては97%の還元率がありますよという業者の宣伝用に作られた数字という気もします・・・実際にかっこ書きの中には「通常プラン93%」と記載されて誤魔化していることも少なくはありません。

 

また、こういった取り引きを行う業者は国際ブランドの加盟店になっていないと成立しません。

 

多くのカード会社はこういったショッピング枠現金化商法に対して厳しい姿勢を見せており、入れる加盟店は限られていると考えられます・・・が、一方でそういった業者を積極的に受け入れている代行業者が存在しています。

 

この加盟店が気になる方は、「決済代行」で検索をかけてみると良いかも知れません。

 

次に即日最短10分で振り込みを行うスピードサービスを売りとしていますが、それもこういった決済代行サービスが提供しているものと考えてよいと思います。

 

その他の売り文句である「夜間振り込み対応」や「審査不要」「収入証明不要」「保証人不要」という言葉も、実質この会社を仲介し決済代行サービスを行っているのですから、この会社の身元がはっきりしていれば決済代行サービス会社への審査も通っているでしょうし、収入証明も出しているでしょう。

 

保証人もこの会社に対して求められることなので、ショッピング枠現金化サービスを使用する客側の情報は別にいらないということがわかります。

 

このことをまとめますと、ショッピング枠現金化を行っている業者は即金が欲しい客とお金を出資してくれる決済代行サービス店との仲介の位置にあるということが窺えます。

 

会社の身元がはっきりしているついでに会社責任者の身元を調査したところ学歴、職歴を公にしていない方のようです。

 

秘密があるところにまた謎があると感じられますが、出身地や責任者の知人と思われる方の身元が明らかなので深くは触れないでおこうと思います。

 

色々調べていくとアマゾンギフト券の売買サイト「amaten」を利用している様なので、ショッピング対象品は案外アマゾンギフト券なのかも知れませんね。