話題のマイナンバー制度と金策の関係について

話題のマイナンバー制度と金策の関係について

2016年1月からマイナンバー制度が本格的に開始されました。

 

日本国民全員一人ひとりへのナンバー配布は2015年19月から行われ、3ヶ月以内に配布が終了する見込みのようですがマイナンバー制度の導入により、個人情報の流出や悪用など様々な心配がされていますが現実的にどのような事が懸念されているのかご存知でしょうか?

 

特に気になるのは金融関係業者間で出回っているブラックリスト(金融事故履歴)と呼ばれるものの存在です。

 

この情報は基本的に大手3社の個人信用情報機構で管理され、一定の期間が過ぎるとブラックリストから外れることになっていますが、現実問題としてはそんなに簡単に過去の借金情報が消えることはありません。

 

これは、闇金業者などが利用している「名簿屋」と呼ばれる職業の方々が情報を転売し続ける実態が存在し、この情報が出回っているうちは例え闇金業者からお金を借りることは困難です。

 

古い情報は価値がなくなり消えていく傾向にありますが、このマイナンバー制度の導入によりその考えが覆されるかも知れないのです。

 

情報をひとつに紐づけることが可能なこのマイナンバーによって過去の履歴なども簡単に管理することができるようになり、名簿屋の中に存在する重複した内容の情報を無くすことができ一括管理できるのです。

 

このことにより情報の量を減らし、尚且つ質を高めることができます。

 

そうなるとこうした名簿屋の存在価値が上昇し、借金をした過去を持つ方は一生その呪縛から逃れることができなくなるのです。

 

今までならばこちらの金融会社から借りれなかった、しかしどこかの金融会社で借りることができるだろうということが通用しましたが、情報の質が向上することでどの会社でも同様の情報を保有することとなり、借金が非常にしづらくなってくることが懸念されます。

 

そこで発想を180度転換して、借金をしない債務をしようということをご提案したいと思います。

 

意味がよく分からないかと思いますが、詳しく言いますと「本来引き出すことが不可能であるショッピング枠を換金する」という方法になります。

 

これは通常のキャッシングでの借金とは異なり、買い物をしたという扱いになるので借金には含まれませんので、表面上は借金をしていない扱いになるが現実としては換金が出来るという裏技になります。

 

これを一般に「ショッピング枠現金化」と言ったりします。

 

この言葉で検索をかけると様々な会社があることが分かると思いますが、特に面倒な手続きもいらず、簡単に素早く借り入れができることが特徴として挙げられます。

 

借金でお困りの方やこれから借金を考えているという方に向けて、落ち込みつつある金策でしたがこれからの時代はショッピング枠現金化がまた再燃するかもしれません。