ショッピング枠現金化体験談【28歳会社員さんから】

ショッピング枠現金化体験談【28歳会社員さんから】

私がショッピング枠現金化を知ったのは、当時大学生だったころです。

 

ニュース番組でショッピング枠現金化を行っている業者が逮捕されたことを知り、「へ〜世の中にはそんな怖いサービスもあるんだな〜」という認識程度でした。
当時大学生ということでしたが、学生専用のクレジットカードを発行してもらったばかりで、クレジットカード自体にそこまで知識があったわけでもありません。

 

ましてやショッピング枠現金化は自分には関係がなく、逮捕者もでるようなヤミ金のようなものと考えていました。
幸い大学生時代は奨学金をもらっていたのでお金に困ったことはなく、普通の大学生活を送っていました。

 

 

 

クレジットカードをよく使うようになったのは社会人になってからで、新入社員当時は手元に現金がないことも多く、よくクレジットカードでの支払いを行っていました。

 

クレジットカードの支払いに遅れたこともなかったせいか、しばらくするとショッピング枠が増枠されていましたが、そこまで高い金額のものを買うわけでもなく、普段通り使っていました。

 

 

 

あるとき、奨学金の支払いが滞っている旨の連絡が入りました、私はすっかり奨学金の返済を忘れていたのです。
滞納していた金額は大きく、手元にある現金はおよそ届きません、かといって返済しないわけにもいきません。

 

考えあぐねている私の脳裏によぎったのは、ショッピング枠現金化でした。クレジットカードのショッピング枠で利用していない部分を現金に換えればなんとか支払えるくらいです。

 

ショッピング枠現金化で逮捕された業者がいることは認識しており、正直業者を利用するのは気が引けたのですが、自分で新幹線のチケットを買ってやろうとするとリスクが高いということを知ったので、半ばやけくそだったのですが、業者に話を聞くことにしました。

 

 

 

3社くらい話を聞いたのですが、対応はそれぞれまちまちで、やはり都合が悪いこと聞かれると威嚇してくるような業者もいました・・・。
5社目に電話したところで、やっとまともな対応をしてくれる業者に当たりました。そこは都合が悪いことでも正直に話してくれるようで、正直還元率はあまりよくありませんでしたが確実に取引できることを確信して利用を決めました。

 

なんとか滞納していた分の奨学金の返済することができましたが、その後のクレジットカードの支払いは大変でした・・・。リボ払いにしていたので、繰り上げ返済も使って最近返済が終わったばかりです。

 

多分今後利用することはないと思いますが、業者さんも利用しないことが一番いいことだと言っていたのでなるべくお世話にならないようにお金の管理はしっかりしようと思います。