ショッピング枠現金化を推しているその内容とは?

ショッピング枠現金化を推しているその内容とは?

ショッピング枠現金化を利用しようと試みるときに、手順や仕組みについて書かれたページを見ることになります。

 

これから利用をしようと検討している方に向けたガイドラインとなっていますので、基本的に不安を煽るようなコトが掛かれるコトはないのですが、どのお店を見ても同じような内容である為に、そのようなページを閲覧する事は無意味だと感じます。

 

書いてある事を簡単にまとめます。

  1. 正規の貸金業者の利息・金利より良い
  2. 一括払いならの話であり、さらに決済金額と手にした金額の差額については触れず、ミスリードを誘っています。

     

  3. 即日振込
  4. と書いてあるにも関わらず入金スピードが遅い口コミは多数確認することが出来ます。

     

  5. カードトラブル0件
  6. んなわけないでしょう。

     

  7. ご成約の方に●●プレゼント
  8. たいてい無くなり次第終了と書かれておりますので、貰えないと理解しましょう。

     

  9. 難しい手続き一切無し
  10. 信用情報機関と取引している訳でないので当たり前です。

     

  11. 法人運営だから安心
  12. 個人でやっていようが同じことであり、謄本に屋号が掲載されればすぐに摘発出来るでしょうし、むしろこんな事をアピールすること自体が虚偽であり、騙そうとしている根端ではないですか。

このように、裏を返せばいくらでも出てくるようのが実体・・・ショッピング枠現金化は有効な手立てであり、得をするかのように書き綴る事が多いのは業者だけでなく広告報酬を目的とした比較サイトも同様です。

 

特に口コミ投稿が出来るところは、業者や運営者のコメント欄が管理されている事が多く、何か都合が悪そうな書き込みをしたところで削除され、対象者はIPアドレスで指定されるのか書き込みを禁止する運営者もいました。

 

中には自分自身の運営するサイトに申込みをさせる為に、●●っ●らいふさんのように自社でランディングページを作成してネットワーク構築するなどその手口は複雑化しています。

 

利用者としては何が何でもお金が欲しいという心理が根底にある以上、こうした実情が有ったとしても今を乗り越えたい気持ちが換金を実行するのでしょう。

 

今も昔もお金に困る人は絶えませんが、検討者が利用を見つめ直すことが出来れば市場規模は縮小し、業者も商売でやる意味が無いとなるまではそうした取引を望む者がいる限りはコアなユーザーを抱え持つ産業としてこれからもひっそりと続くかもしれません。