ショッピング枠現金化を完全に禁止出来ない理由

ショッピング枠現金化を完全に禁止出来ない理由

ショッピング枠現金化は、もうすぐ違法になり全面的に禁止になるのでは?という噂が常々でしたが、キャッシングなどでは、貸金業者に対して厳しい規制が一通り落ち着きを見せており、その流れからの発展が期待されていましたが結局何も現在までにアクションは有りません。

 

今のところ違法ではない

 

グレーな感じではありますが、違法となるには、法的な整備が必要になっていて、そう簡単に取り締まることができません。

 

違法になれば、クレジットカードの利用の促進を阻害する可能性もあって、完全に違法だと言い切ってしまうと換金で用いられている買い取り・販売促進のキャンペーンなどにも影響が有ります。

 

一旦購入した後に何らかの事情で売る行為を違法だと決めつけることは大変難しく、それは想像に容易いですよね?出来るだけ換金目的の決済を狭めようと、金券類や家電関係、ブランド品類の品物につきましては年々その利用履歴の監視が厳しくなっているとされているようです。

 

どのように換金目的での利用と決めつけるのかは分かりませんが、実際にその処分対象を受けた方は猶予される方もいる中で一発停止という方もいるそうです。

 

ただ、厳密にショッピング枠現金化での利用なのかどうかを区別することは難しくなっています。

 

弁護士団体、消費者庁、さらに警察などが禁止されていることをアピールし、強く訴えているような状況を作り出さなければ今後も無くなる事は無いのではないでしょうか。

 

当サイトとしてもクレジットカードは普通に使ってほしい

 

換金行為の目的は規約違反・・・これは規約に同意の上で発行を受けている以上、最悪のケースを想定しますと発行会社に対する詐欺として大事になるかもしれません。

 

問題は責任の所在は換金業者でなく換金をした名義人に有りますので、こうしたリスクを背負いながら換金をする事が前提になっています。

 

バレなければ良いと思わずに、信用で出来た磁気カードですから極力普通に使うべきです。

 

まとめ

ショッピング枠現金化を完全に禁止できない理由について解説しましたが、何を購入する際にも常にシステム管理されており、可能性がある決済につきましては確認を求められる事もあります。

 

換金する事よりも現金の代わりとして当たり前のモノを当たり前に利用する事が最も健全です。