借金には時効が成立するのでしょうか?

借金には時効が成立するのでしょうか?

お金を借りておきながらも、出来るだけこのお金は借りたことを無かったことにしたい・・・。

 

つまり、借りたお金を自分のお金として「貰った事にしたい」と考えている方の中で、法律的な要素で時効があるか気になっている方が非常に多いのです。

 

友人で現在は東京の弁護士事務所で勤務している友人からも、債務整理で訪れる依頼者の中には酷くだらしのない考えを持った人がいると言います。

 

結論から申し上げてしまいますと、借金にも時効は存在します。

 

債務者は時効である事を主張する事も出来ますが、債権者も返済をしてもらう、取り立てる等の権利は当然にあるものです。

 

しかし、債権者がうっかりなのか、もうすでに債務者からの取り立てをあきらめているのかは定かではありませんが、その権利を行使し続けない限り、いつの間にか借金の時効が成立する事はあります。

 

それぞれの権利を主張する事を援用と言います。

 

債務者は時効を主張し、債権者が請求権の援用をしなければ、債務者の借金は無い・支払わなくていいという主張が通ってしまうのがこの世の中であるのです。

 

これだけ見ると、債権者がかわいそうな形に見えますが、これはあくまでも債権者が「返しなさい」というアクションを何もしなかったらの話ですからご安心ください。

 

つまり、債務者に対してお金を返すように促し続ければ時効の成立は一生無いのです。

 

具体的には個人同士の貸し借りであれば10年、どちらかが法人であれば5年という期間が設定されており、あくまでも借りる手続きをしてから5年間経てばいいという訳では無く、債権者が援用を行使しない期間の話ですから、借りている人が幾ら逃げ回って事項を主張しても、債権者が援用をしていれば時効が成立しないのです。

 

お金を貸す立場でイメージされるのは、貸金業者が連想されると思います。

 

当然お金を貸すだけが、彼らの仕事ではありません。

 

債務者からの取り立て状況等はシステムで管理されていますし、社内で弁護士を雇っていれば外の弁護士と提携して債務者の取り立て等を管理しているのが当たり前となっていますので、貸金業者から借金の時効を狙うのは困難と言えます。

 

借金の時効を法律的な言葉遣いで申しますと、時効援用と言います。

 

これを成立させることを業として受注する司法書士や弁護士もいますので、そもそも時効援用が成立をする5年または10年を経過しているかしていないかが最重要事項になりますが・・・。

 

もちろん経過しているのであれば、各事務所に相談の上で時効を証明するための手続きを行う事が出来ます。