ショッピング枠現金化で借入を一本化できる?

ショッピング枠現金化で借入を一本化できる?

消費者金融から借金をしている人は、おそらく利用している消費者金融が1社よりも多い人もいるかと思います。

 

それぞれの消費者金融で借入できる金額は審査によってバラバラ、その金額が大きいと、欲しい金額が1社ですべて賄えることは難しいはずです。

 

その為、消費者金融をはしごして、複数の会社から借入するケースがあるかと思います。

 

しかし複数の会社から借入を行うと、返済金利も違えば返済日も違い、下手すると返済サイクルが回らないということも起こり得ます。

 

その際に新たに借入をして返済をしようとしても総量規制の関係で新たに借入をすることが難しくなるかもしれません。

 

その場合に、ショッピング枠現金化を利用して、消費者金融からの借入をまとめて一本化することができます。

 

ショッピング枠現金化を利用するメリットとして、審査もなく、即日で利用できることが挙げられますが、それに加えて借入の総量規制には該当しないということが挙げられます。

 

クレジットカードのショッピング枠内での利用であれば総量規制の問題もなく、審査なしで即日利用できるので、返済日までに時間がない場合でもすぐ利用することができるのです。

 

まとめて一本化すると、バラバラだった返済金利や返済日が統一されます。

 

それに加えて、ショッピング枠の利用なので信用情報会社に借金としての情報が載りません。

 

支払いも分割・リボ・ボーナス払いを選ぶことができるので、支払い計画も容易に立てられ、支払いしにくくなることもありません。

 

ただし、ショッピング枠現金化の利用はあくまでも自分がもっているクレジットカードのショッピング枠の範囲内です。

 

例えば借入総額が100万円で、それをショッピング枠現金化で一本化しようとすれば、ショッピング枠が100万円以上は必要になります。

 

クレジットカードが1枚で足りない場合でも、もし2枚以上クレジットカードを持っていて合計で100万円以上のショッピング枠があれば、利用は可能です。

 

その場合、2社のクレジットカード会社に支払いをしていくことになるので厳密には一本化という訳ではありませんが、支払いがしやすいことには変わりありません。

 

ショッピング枠現金化で借入を一本化できても、借入が減ったわけではありません。

 

ショッピング枠を利用して支払いがしやすくなった分、しっかりと支払い計画を立てる必要があります。

 

こつこつと支払いを続けていく習慣が付けば、自ずと貯金する習慣も身についてきそうですね。