ショッピング枠現金化の利用用途として一理ある状況とは

ショッピング枠現金化の利用用途として一理ある状況とは

突然の病気入院やら冠婚葬祭に急な出張が決まった時など、事前に準備ができていない出費は生きていく上で避けられないものです。

 

社会人になったら尚更ですよ・・・幾つになっても保護者に出してもらうなんて発想は屑過ぎます。

 

そういった時に、ショッピング枠現金化を扱った業者のサービスは庶民の味方といった側面がある一方で、クレジットカードが止められてしまったり返済が滞ればブラックリストになりまし、悪徳業者の被害に遭ってしまうリスクは」0%ではありません。

 

グレーな金策と言えど、出来るだけ安心安全に工面したいという建前はあるが現実を見るとどうにもならないという場合は、やはりこういったショッピング枠現金化を扱う業者に頼るしかないのでしょうか?切羽詰まると人は冷静な判断力が削がれ、藁をもつかむ思いでこういったサービスに手を伸ばしてしまいます。

 

そこで一旦現実を見るよりも、過去の事例を全比較サイトからピックアップし、目を向けてみることにします。

  • 事例1.20代フリーターの方の場合です。
  •  

    アルバイトをしていたが友達と遊ぶ資金を得る為にショッピング枠現金化サービスを利用しようとしたのですが、途中で気が変わって手続き自体を見送ったつもりでいたら、後日闇金と思われる業者からの電話やメールが来るようになって困っており、きっとこの申込みのタイミングで個人情報を盗まれたのではないかと思うと不安です。

     

  • 事例2.30代フリーランスの方の場合です。
  •  

    不意の出費でお金を借りねばならなくなりショッピング枠現金化のサービスを利用したのですが、キャッシュバックが振り込まれた後に「実はもっと増額できます」と持ちかけられ、「増額には再処理が必要となります」との言葉に従い振り込まれた分を送り直したのですが・・・その後業者との連絡が取れなくなりました。

     

    後に振り込め詐欺であることがわかりショックを受けました。

・・・まだまだあるのですが、その多くは詐欺の被害者となっています。

 

まともなサービスを提供してくれる業者も存在してはいるのですが、切羽詰まった状況に陥った時に、確実に当たりの業者を見極めることは非常に困難です。

 

ではどうすればリスクを最小限に抑え、お金を作ることができるか?それに手軽に応えることのできる方法が2つあります。

 

1つはデパートの商品券やビール券など使うに使えなくて貯まってしまっている金券を探して換金する方法です。

 

お近くの金券ショップまたはネットの金券ショップを使って換金が可能です。

 

もう1つは、近くに金券ショップも無くネットショップでのやり取りをしている時間もないといった方に向いています。

 

コンビニで売っているギフト券などをクレジットカードで買い、それをネットオークションにかけるといった方法です。

 

案外時間がかからずにその日のうちに換金することが可能です。

 

お金に困った時の豆知識としてご活用ください。