地域名でヒットさせている比較サイトにご注意を!

地域名でヒットさせている比較サイトにご注意を!

ショッピング枠現金化業者や、比較サイト運営者で最近目立つ集客方法の一つと致しまして、地域名に紐付けたサイトを開設し、地元で特化したお店に申込みをしたいと考えている比較検討者を申込みする手口です。

 

その業者の取引内容や、掲載されている情報の信ぴょう性について除いて考えたとしましても、故意にその地域で狙っている事自体に疑ってかかる必要が比較検討者には必要だと考えます。

 

特に無店舗型で営む業者への誘導が多く見られ、中には本当にその地域で店舗を構えて営業をしているお店も存在しますが、数は多くありません。

 

つまり、日本全国各地の地域名とショッピング枠現金化に絡んだキーワードで集客できるのは、全国で対応が可能とされている無店舗型業者のみになりますから、こうしたキーワードの狙い方は彼らにしかできない方法と言え、独占状態にあります。

 

お店もアフィリエイターと呼ばれるメディアサイトたちが挙ってキーワード対策をされており、特別その地域に特化していないと見極める方法は、地元以外の名称も「●● 現金化」と検索を掛けてみてください。

 

内容が全く同じで、比較的同業者同サイトが運営されているページに飛びませんか?つまり、こうした検索流入からの利用希望者は店員にとって格好のエサとなっているのです。

 

ネットに精通している方であれば、よく調べられているワードの検索順位の争いの激しさをご存知かと思いますが、こうした地域名を用いる事で隙間を縫うように他社と差別化した集客方法を実現しているのです。

 

この手法を取り入れているお店は、総じて実店舗型、それに比較サイトであまり見る事の無い店名ばかり。

 

・・・ということはですよ、比較サイトにも掲載されず評価されないような業者が、ニッチな方法を選択していると考えますとあまり対応の宜しくない可能性があります。

 

もしかすると、広告費を抑えて出来るだけ換金率を上げていることも想像できますが、高待遇であれば比較サイトで取り上げられても何らおかしくは無いはずです。

 

しかも、そのような集客方法で宣伝されているLP(ランティングページ)を見ましても、決して豊富とは言い難い内容しか掲載されておらず、特にその地域特有の情報など出てくるコトがありません。

 

以上の事柄により、地域名でヒットさせている比較サイトは報酬を目的にしている確率が非常に高いと言わざるを得ませんし、地域に特化した換金方法は実店舗型のみであると言えます。