案件としてあまり受け付けたくないショッピング枠現金化

案件としてあまり受け付けたくないショッピング枠現金化

長文になると思いますがご容赦ください・・・私は派遣会社に勤める一般のサラリーマンですが、今回受けた依頼を完遂したのでこの思い、ここで爆発させます。

 

プログラマーという職業はとてもストレスの多い職業ですが、今回の依頼は中でも特殊でした。

 

というのも単発でのサイト作成の依頼だったのですが、サイト作成だけでなくデザインもして欲しいという依頼内容で、細かい画像指定なども無くざっくりした注文内容でした。

 

具体的にはスマートフォン専用サイトとしてショッピング枠現金化業者のランディングページとSEO内部対策を施せという胡散臭いサイトを作れというものでした(笑)。

 

本来このようなケースは稀で、通常私どもはCSSデザイナーとプログラマーと分担して作業するのですが、今回は依頼単価が低かったので私一人が全部の工程を行うこととなりました。

 

そこら辺は仕事を取って来た営業さんからの指示で、まあ良くありがちな話題になってしまうのですが、プログラマーにデザインセンスを問うとかなんて無理ゲーとか思いましたが、仕事は仕事ということで責任を持って取り組もうと思いました・・・が、ひねり出そうにも元からデザインセンスの無かった私にはやはり非常に難度の高い問題で、なかなか満足の行く出来にはなりませんでした。

 

営業さんももうちょっと仕事を選んで来い!と力強く言いたいものです。

 

そんなこんな思いながらも、納期が短かったので成果物の提出をしました。

 

とりあえずバグは無いように作ってはいたので、ノートPCとUSBにデータを入れ営業さんにそれらを渡しましたが、その後戻ってきた営業さんからは1発OKのサインが出て、依頼者も大変満足していたと聞かされました。

 

結果としては良かった的な内容なのですが、依頼内容として渡されていた文章の内容が気になっていて、合間にちょっと調べたりして調べなければ良かったと思ったのです。

 

なぜなら依頼された内容が、悪徳業者と言われるジャンルに当てはまる項目が多かったからです。

 

スマートフォン限定のサイトで、素人も同然の自分にデザインも任されたこと、受け取った文章内に住所の項目がなかったこと、そして滅多に顧客の悪口など言わない営業さんが珍しく心象が悪かったという言葉を吐いていたということが、どうも悪徳業者の臭いがプンプン漂ってきてしょうがなかったのです。

 

仕事柄、個人事業主のサイト作成などは割と単発で入ってくること自体あるのですが、こういった業者に手を貸したことに背徳感を覚えどこかで発散しなければと思いました。

 

後悔はしているのですが、私がどうこうできる問題でもないのでできれば今後こういった仕事が来なければいいなという愚痴でした。

 

長文失礼いたしました。