現金化未成年.com|ショッピング枠現金化を考える

18歳(未成年)はショッピング枠現金化でも換金できない?

ショッピング枠現金化という怪しげな資金調達方法ですから、誰しもが口コミや評判を気にして比較することがセオリーとされています。

 

このような状況の中ですから比較サイトの存在意義というのは大きな割合であることは言うまでもありません。

 

特にgoogleの検索エンジンスパムに対するアルゴリズムの更新によって、中身のない情報を排除する仕組みが顕著になり、これまで業者を掲載していただけの比較サイトが多数を占めていましたが、独自コンテンツ、つまりサイト管理者が調査したり考察した考えなどを発信する仕組みに加え、閲覧者に有益とされる情報を掲載することが上位表示の決まりごとになりました。

 

それまで閲覧者に向けた情報の質というものは、業者をランキング付けして紹介するパターンなら今でも多く見られますが、当時は大々的に広告掲載募集などとショッピング枠現金化業者を直接誘う掲載依頼フォームが設置されていました。

 

今でも全く無いということもなく、さらにはショッピング枠現金化業者からアフィリエイトパートナー募集中と謳っており、中には月末締めの翌月15日払いで1回の申し込みにつき2万円を支払うという文章まで確認できます。

 

当然そのような高額報酬を設定しているのですから、悪意ある比較サイト運営者が誕生し無い訳がありません。

 

実際に「現金化 未成年」とWEB上で調べますと、まるで18歳の未成年者でもショッピング枠現金化が可能であるかのように広告をしています。

 

当然ながら20歳未満の未成年者は法定代理人が存在する以上、ショッピング枠現金化業者では利用を一切受け付けていないことが基本です。

 

現在何らかの経緯で閲覧されている未成年の方は確認する必要は一切ありませんのでご安心ください。

 

こちらで確認した内容は、特定業者ならば18歳でも対応できるとする内容で、さらにショッピング枠現金化業者からクレームが入ったのかどうかは存じませんが、掲載されている業者が少なくなってきており、それに代わってAmazonギフト券買取業者の広告を貼っています。

 

こちらも当然ながら買取の仕組み上、基本的に古物商の資格を所有している業者がほとんどですから古物営業法上、20歳未満の未成年者との取引は原則としてで違法に該当し、保護者から許可を得ようとしてもこんな事を許可する親などいるはずがありません。

 

このように高額な報酬を目的に未成年を誘い込む悪徳比較サイトの特徴は、総じて中身が無いということが挙げられますので注意して比較してください。

 

ショッピング枠現金化の真実?んなこたぁ〜ない

 

ショッピング枠現金化を行う上で外せない情報サイトからの知識収集ですが、中にはそんな利用者心情を察してか特定業者を推薦する内容が確認されており「サービスに関わる言葉+真実」と検索するとあからさまなミスリードを見る事が出来ます。

 

もともと社会的にも良くない虚業として「反社」という言葉が使われますが、まさにそんな反社に当てはまる産業がショッピング枠現金化であり、申し込みをしない方が良いに決まっています。

 

そんな中で真実も嘘も有るはずも無く、ただただ100%利用しない方が良いに決まっていながらも、消費者から見れば何か奥行を感じさせるこのような表現を用いる情報サイトは、複数のお店を比較対象・・というか蔑む対象として掲載し、意図的に誘導するような仕組みで集客を募っているショッピング枠現金化業者が存在しています。

 

その詳細を閲覧してみますと、特定業者は絶賛の嵐、賛美称賛が止まらぬコメント欄となっておりますが、それ以外の同じショッピング枠現金化業者に対しては、同じ取引内容にも関わらず並べられている言葉の数々に嫌味妬みを感じさせるような言葉遣いを浴びせています。

 

これ・・・明らかに同業者たちへの嫌がらせにしか見えませんけど。

 

情報サイトはおおよそ3つに分けることが出来ます。

 

まずは例に挙げたように業者を並べて業者をコンテンツとして掲載するところ、次に広告報酬目的にただ業者が紹介文が掲載されていて運営者独自の情報発信が無いところ、最後に情報発信をしながら業者を紹介するところ。

 

当然一番最後の情報サイトこそ消費者にとって有益(割とね)な情報が掲載されており、当該サービスを利用する上で懸念される副産物について必ず承知してください。

 

臭いモノには蓋をしたくなるのが人間ですが、自分がどういう取引を行おうとしているのか冷静に考えれば、現実と向き合う必要がある事は誰もが理解することです。

 

結局のところ、どのショッピング枠現金化業者をしても変わらぬショッピング枠現金化であり、利用規約に違反しないショッピング枠現金化など存在せず、ただ法の合間を模索した方法に過ぎずそれは各お店で異なる手段を採用していると考えてください。

 

恐らく考え方が同じであれば、例え異なる店名であろうと同じ手順を行っているお店はグループ店という解釈もすることが出来るとも言え、特にWEBの知識のある方であれば同じサーバー上に複数のお店がある場合には、紛れも無く同一経営者と考えられますよね?このように調べれば調べるほど、えげつない運営を行っているショッピング枠現金化業者の情報・・・それでもあなたは信じる事が出来ますか?

消費者金融から借金をしている人は、おそらく利用している消費者金融が1社よりも多い人もいるかと思います。

 

それぞれの消費者金融で借入できる金額は審査によってバラバラ、その金額が大きいと、欲しい金額が1社ですべて賄えることは難しいはずです。

 

その為、消費者金融をはしごして、複数の会社から借入するケースがあるかと思います。

 

しかし複数の会社から借入を行うと、返済金利も違えば返済日も違い、下手すると返済サイクルが回らないということも起こり得ます。

 

その際に新たに借入をして返済をしようとしても総量規制の関係で新たに借入をすることが難しくなるかもしれません。

 

その場合に、ショッピング枠現金化を利用して、消費者金融からの借入をまとめて一本化することができます。

 

ショッピング枠現金化を利用するメリットとして、審査もなく、即日で利用できることが挙げられますが、それに加えて借入の総量規制には該当しないということが挙げられます。

 

クレジットカードのショッピング枠内での利用であれば総量規制の問題もなく、審査なしで即日利用できるので、返済日までに時間がない場合でもすぐ利用することができるのです。

 

まとめて一本化すると、バラバラだった返済金利や返済日が統一されます。

 

それに加えて、ショッピング枠の利用なので信用情報会社に借金としての情報が載りません。

 

支払いも分割・リボ・ボーナス払いを選ぶことができるので、支払い計画も容易に立てられ、支払いしにくくなることもありません。

 

ただし、ショッピング枠現金化の利用はあくまでも自分がもっているクレジットカードのショッピング枠の範囲内です。

 

例えば借入総額が100万円で、それをショッピング枠現金化で一本化しようとすれば、ショッピング枠が100万円以上は必要になります。

 

クレジットカードが1枚で足りない場合でも、もし2枚以上クレジットカードを持っていて合計で100万円以上のショッピング枠があれば、利用は可能です。

 

その場合、2社のクレジットカード会社に支払いをしていくことになるので厳密には一本化という訳ではありませんが、支払いがしやすいことには変わりありません。

 

ショッピング枠現金化で借入を一本化できても、借入が減ったわけではありません。

 

ショッピング枠を利用して支払いがしやすくなった分、しっかりと支払い計画を立てる必要があります。

 

こつこつと支払いを続けていく習慣が付けば、自ずと貯金する習慣も身についてきそうですね。

続きを読む≫ 2017/02/10 12:41:10 2017年02月

ショッピング枠現金化の謎の一つが利息はどうなっているのか、ということです。仕組みをよく知らない人や初心者の人は、利息がないからショッピング枠現金化はお得だ、と考えるのかもしれませんが、実際には利息相当分はきちんと引かれています。

 

ショッピング枠現金化の利息は一括で支払っているようなもの

審査不要、キャッシングよりも利用しやすいショッピング枠現金化ですが、カード会社が禁止している以上、表立って推奨できるわけではありません。にもかかわらず、利用者も一定数いますので、なくなることはなく、公然と営業しています。

 

急に現金が必要になったときに、キャッシングよりも簡単にお金を貸してくれるので大変便利です。疑問といえば、現金化業者に利息を支払っていないことです。これは払っていないのではなく、換金率を見てもわかるように差し引かれる手数料のなかに利息相当分が含まれていると考えてください。

 

お金を借りた後の支払いはカード会社?

 

ショッピング枠現金化では、決済された金額の返済は全てカード会社に行います。注意点は、ショッピング枠現金化業者とカード会社には一切つながりはないということです。

 

カード会社は、ショッピング枠現金化を禁止しているので、二つの会社がつながっていることはあってはならないことです。また、一括返済ができないからといって、ショッピング枠をリボ払いで返済する、「リボ宣言」をすると、さらに金利がかかります。二重に利息を支払うことになるので、注意してください。ショッピング枠現金化では、期日までにお金を返済できないと、さらに損をするケースがあります。ここが最大の注意点ということになります。

 

換金率=利息相当分と覚えておく

 

正確な計算方法ではありませんが、換金率=利息相当分と覚えておくと、利用してもいいショッピング枠現金化業者かどうかを判断することができます。できれば、90%以上の換金率の業者を利用してください。アマゾンギフト券などの商品券を利用した現金化の場合は、95%以上の換金率になることがあります。この数字ですと、仮にカードのリボ払いに切り替えたとしても、利息の負担が減ります。しかし、実質年率で計算しなおすと、30%以上の利息になっています。

 

ショッピング枠現金化は、短期資金であれば考えて良いとは思いますが、返済を先延ばしにするなら損をする借金となりかねません。

 

まとめ

 

ショッピング枠現金化は審査不要であり、お金の貸し借りとは異なるものの手数料もしくは買取率等で差額が生じます。

 

例え換金率が90%以上でも、年利計算い直すと高金利になっています。利用の際には仕組みを理解し、できるだけ利用をしない事が原則です。

 

換金率の良いショッピング枠現金化業者を調べる

続きを読む≫ 2016/12/06 18:31:06 2016年12月

ショッピング枠現金化は、もうすぐ違法になり全面的に禁止になるのでは?という噂が常々でしたが、キャッシングなどでは、貸金業者に対して厳しい規制が一通り落ち着きを見せており、その流れからの発展が期待されていましたが結局何も現在までにアクションは有りません。

 

今のところ違法ではない

 

グレーな感じではありますが、違法となるには、法的な整備が必要になっていて、そう簡単に取り締まることができません。

 

違法になれば、クレジットカードの利用の促進を阻害する可能性もあって、完全に違法だと言い切ってしまうと換金で用いられている買い取り・販売促進のキャンペーンなどにも影響が有ります。

 

一旦購入した後に何らかの事情で売る行為を違法だと決めつけることは大変難しく、それは想像に容易いですよね?出来るだけ換金目的の決済を狭めようと、金券類や家電関係、ブランド品類の品物につきましては年々その利用履歴の監視が厳しくなっているとされているようです。

 

どのように換金目的での利用と決めつけるのかは分かりませんが、実際にその処分対象を受けた方は猶予される方もいる中で一発停止という方もいるそうです。

 

ただ、厳密にショッピング枠現金化での利用なのかどうかを区別することは難しくなっています。

 

弁護士団体、消費者庁、さらに警察などが禁止されていることをアピールし、強く訴えているような状況を作り出さなければ今後も無くなる事は無いのではないでしょうか。

 

当サイトとしてもクレジットカードは普通に使ってほしい

 

換金行為の目的は規約違反・・・これは規約に同意の上で発行を受けている以上、最悪のケースを想定しますと発行会社に対する詐欺として大事になるかもしれません。

 

問題は責任の所在は換金業者でなく換金をした名義人に有りますので、こうしたリスクを背負いながら換金をする事が前提になっています。

 

バレなければ良いと思わずに、信用で出来た磁気カードですから極力普通に使うべきです。

 

まとめ

ショッピング枠現金化を完全に禁止できない理由について解説しましたが、何を購入する際にも常にシステム管理されており、可能性がある決済につきましては確認を求められる事もあります。

 

換金する事よりも現金の代わりとして当たり前のモノを当たり前に利用する事が最も健全です。

続きを読む≫ 2016/02/03 13:16:03 2016年02月

ショッピング枠現金化業者や、比較サイト運営者で最近目立つ集客方法の一つと致しまして、地域名に紐付けたサイトを開設し、地元で特化したお店に申込みをしたいと考えている比較検討者を申込みする手口です。

 

その業者の取引内容や、掲載されている情報の信ぴょう性について除いて考えたとしましても、故意にその地域で狙っている事自体に疑ってかかる必要が比較検討者には必要だと考えます。

 

特に無店舗型で営む業者への誘導が多く見られ、中には本当にその地域で店舗を構えて営業をしているお店も存在しますが、数は多くありません。

 

つまり、日本全国各地の地域名とショッピング枠現金化に絡んだキーワードで集客できるのは、全国で対応が可能とされている無店舗型業者のみになりますから、こうしたキーワードの狙い方は彼らにしかできない方法と言え、独占状態にあります。

 

お店もアフィリエイターと呼ばれるメディアサイトたちが挙ってキーワード対策をされており、特別その地域に特化していないと見極める方法は、地元以外の名称も「●● 現金化」と検索を掛けてみてください。

 

内容が全く同じで、比較的同業者同サイトが運営されているページに飛びませんか?つまり、こうした検索流入からの利用希望者は店員にとって格好のエサとなっているのです。

 

ネットに精通している方であれば、よく調べられているワードの検索順位の争いの激しさをご存知かと思いますが、こうした地域名を用いる事で隙間を縫うように他社と差別化した集客方法を実現しているのです。

 

この手法を取り入れているお店は、総じて実店舗型、それに比較サイトであまり見る事の無い店名ばかり。

 

・・・ということはですよ、比較サイトにも掲載されず評価されないような業者が、ニッチな方法を選択していると考えますとあまり対応の宜しくない可能性があります。

 

もしかすると、広告費を抑えて出来るだけ換金率を上げていることも想像できますが、高待遇であれば比較サイトで取り上げられても何らおかしくは無いはずです。

 

しかも、そのような集客方法で宣伝されているLP(ランティングページ)を見ましても、決して豊富とは言い難い内容しか掲載されておらず、特にその地域特有の情報など出てくるコトがありません。

 

以上の事柄により、地域名でヒットさせている比較サイトは報酬を目的にしている確率が非常に高いと言わざるを得ませんし、地域に特化した換金方法は実店舗型のみであると言えます。

続きを読む≫ 2015/11/12 15:08:12 2015年11月

ショッピング枠現金化を利用しようと試みるときに、手順や仕組みについて書かれたページを見ることになります。

 

これから利用をしようと検討している方に向けたガイドラインとなっていますので、基本的に不安を煽るようなコトが掛かれるコトはないのですが、どのお店を見ても同じような内容である為に、そのようなページを閲覧する事は無意味だと感じます。

 

書いてある事を簡単にまとめます。

  1. 正規の貸金業者の利息・金利より良い
  2. 一括払いならの話であり、さらに決済金額と手にした金額の差額については触れず、ミスリードを誘っています。

     

  3. 即日振込
  4. と書いてあるにも関わらず入金スピードが遅い口コミは多数確認することが出来ます。

     

  5. カードトラブル0件
  6. んなわけないでしょう。

     

  7. ご成約の方に●●プレゼント
  8. たいてい無くなり次第終了と書かれておりますので、貰えないと理解しましょう。

     

  9. 難しい手続き一切無し
  10. 信用情報機関と取引している訳でないので当たり前です。

     

  11. 法人運営だから安心
  12. 個人でやっていようが同じことであり、謄本に屋号が掲載されればすぐに摘発出来るでしょうし、むしろこんな事をアピールすること自体が虚偽であり、騙そうとしている根端ではないですか。

このように、裏を返せばいくらでも出てくるようのが実体・・・ショッピング枠現金化は有効な手立てであり、得をするかのように書き綴る事が多いのは業者だけでなく広告報酬を目的とした比較サイトも同様です。

 

特に口コミ投稿が出来るところは、業者や運営者のコメント欄が管理されている事が多く、何か都合が悪そうな書き込みをしたところで削除され、対象者はIPアドレスで指定されるのか書き込みを禁止する運営者もいました。

 

中には自分自身の運営するサイトに申込みをさせる為に、●●っ●らいふさんのように自社でランディングページを作成してネットワーク構築するなどその手口は複雑化しています。

 

利用者としては何が何でもお金が欲しいという心理が根底にある以上、こうした実情が有ったとしても今を乗り越えたい気持ちが換金を実行するのでしょう。

 

今も昔もお金に困る人は絶えませんが、検討者が利用を見つめ直すことが出来れば市場規模は縮小し、業者も商売でやる意味が無いとなるまではそうした取引を望む者がいる限りはコアなユーザーを抱え持つ産業としてこれからもひっそりと続くかもしれません。

続きを読む≫ 2015/10/16 16:23:16 2015年10月