ショッピング枠現金化はばれない現金調達方法

ショッピング枠現金化はクレジットカード会社にばれない?

ショッピング枠現金化はなぜ業者を利用したほうがばれにくいの?

 

ショッピング枠現金化には、自分で購入した商品を転売して現金化する方法と、ショッピング枠現金化業者を利用して現金化する方法があります。

 

一般的には、ショッピング枠現金化業者を利用したほうがばれないと言われているのですが、それはなぜなのでしょうか。

 

ショッピング枠現金化業者が決済代行会社を通しているから

 

ショッピング枠現金化においてはショッピング枠現金化業者を利用したほうがばれないと言われていますが、その理由はズバリ、ショッピング枠現金化業者が決済代行会社を通しているからです。

 

ショッピング枠現金化を行う業者というのは、決済代行会社を通してクレジットカード決済を行うことになります。

 

言ってしまえば、決済代行会社というクッションを置くわけなのですが、このクッションによってクレジットカード会社は「クレジットカードを使って何を購入したのか」がわかりにくくなります。

 

もちろん、全くわからないわけではありませんし、クレジットカード会社が本気を出して調査すれば簡単にわかってしまうでしょうが、クレジットカード利用者一人一人の決済を逐一チェックできるわけもなく、そこまでの労力はかけられないというのが現状なのでしょう。

 

クレジットカード会社はショッピング枠現金化をしていそうな利用者が薄々わかっているものの、決済代行会社というクッションがあると、通常の買い物をしているという判断をするしかないという状況なのです。

 

ショッピング枠現金化を業者に依頼することで、ショッピング枠現金化業者が決済代行会社を通すからこそ、クレジットカード会社も迂闊にショッピング枠現金化をしていると断定できない、つまりクレジットカード会社にばれにくいのです。

 

このあたりはショッピング枠現金化で業者を利用するメリットにもつながってくるでしょう。

 

ショッピング枠現金化を自分で行う際は購入履歴が残る

 

上記のことを踏まえると、ショッピング枠現金化においては、「そのクレジットカードで何を購入したのか」という部分をクレジットカード会社に知られるとまずいわけです。

 

ショッピング枠現金化業者を利用すれば、決済代行会社を通すことによってショッピング枠現金化に利用する商品の購入がわかりにくくなるのですが、自分で購入した商品を転売して現金を手にするとなるととてもわかりやすくなってしまいます。

 

というよりも、そのクレジットカードで何を購入したのかという履歴がキレイに残ってしまいますので、クレジットカード会社には完全にばれてしまっているといっても過言ではありません。

 

その状態で現金に換えやすい商品をまとめて購入すると、クレジットカード会社にショッピング枠現金化がばれて、かなり高い確率でクレジットカードの利用停止を食らうことになるでしょう。

 

だからこそ、業者を利用せずにショッピング枠現金化をするのは避けたほうがいいと言われるのです。

 

しかし、ショッピング枠現金化業者の中でも、手法によってはクレジットカード会社にばれてしまう可能性があります。

 

業者の中には買取方式と呼ばれる手法でショッピング枠現金化を行っているところがあり、その中でもここ数年でアマゾンギフト券を利用したショッピング枠現金化業者が増えてきました。

 

買取方式では現金に換えやすい商品を利用者がクレジットカードで購入し、業者に買い取ってもらうという流れになりますが、現金に換えやすい新幹線のチケットがクレジットカードで購入しにくくなっている中で、アマゾンギフト券に白羽の矢が立ち、ショッピング枠現金化業者にアマゾンギフト券が利用されているという現状があります。

 

確かに数年前まではクレジットカードでアマゾンギフト券を購入することに制限などはありませんでしたが、現在においてはクレジットカード会社はアマゾンギフト券も換金性が高い商品とみなしており、連続してアマゾンギフト券を購入している利用者に対してクレジットカードに制限をかけるようになりました。
クレジットカードに制限をかけられるということは、ショッピング枠現金化をしているとみなされているということであり、クレジットカードが利用停止になる一歩手前の状態であることが考えられます。

 

また、ショッピング枠現金化業者の中には取引をする際にいい加減な手続きをして、結果クレジットカード会社にばれてしまうことがあります。

 

ショッピング枠現金化はただ業者を使えばばれないのではなく、優良業者と呼ばれるところで利用することでクレジットカード会社にばれないと言えます。

 

そのために、ショッピング枠業者を比較して、ばれないのに最善だと言える優良業者に申し込みをすることが必須になるのです。

 

 

ショッピング枠現金化がばれない優良業者べスト3

 

現金化のらいふ

ばれないショッピング枠現金化業者といえば現金化のらいふ!
換金率が高いことはもちろん、接客態度や入金スピードも他社比較で抜群です。
ショッピング枠現金化業者の中では比較的若い業者ですが、現金化のらいふは今最も力のある業者です。
ショッピング枠現金化がはじめての人でも安心して利用できる上に、他社比較を検討しているならお乗り換えキャンペーンで換金率アップのチャンスがあります。

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュの目玉といえば、他社を圧倒する換金率ですが、その還元率は最大98.8%!
常時キャンペーンを行っているので常に高い換金率が期待できます。
もちろんスタッフ教育が行き届いているので、利用していることが家族にばれる心配も全くありません。

ギフトクレジット

ショッピング枠現金化の老舗といえばギフトクレジット!
長年の実績から多くの利用者がギフトクレジットを選んできました。
実績があるということで、ショッピング枠現金化のノウハウも多く、ショッピング枠現金化を安全に利用したいということならギフトクレジットを選べば間違いないでしょう。

 

 

ショッピング枠現金化業者を比較する際の注意事項

 

ショッピング枠現金化という怪しげな資金調達方法ですから、誰しもが口コミや評判を気にして比較することがセオリーとされています。

 

このような状況の中ですから比較サイトの存在意義というのは大きな割合であることは言うまでもありません。

 

特にgoogleの検索エンジンスパムに対するアルゴリズムの更新によって、中身のない情報を排除する仕組みが顕著になり、これまで業者を掲載していただけの比較サイトが多数を占めていましたが、独自コンテンツ、つまりサイト管理者が調査したり考察した考えなどを発信する仕組みに加え、閲覧者に有益とされる情報を掲載することが上位表示の決まりごとになりました。

 

それまで閲覧者に向けた情報の質というものは、業者をランキング付けして紹介するパターンなら今でも多く見られますが、当時は大々的に広告掲載募集などとショッピング枠現金化業者を直接誘う掲載依頼フォームが設置されていました。

 

今でも全く無いということもなく、さらにはショッピング枠現金化業者からアフィリエイトパートナー募集中と謳っており、中には月末締めの翌月15日払いで1回の申し込みにつき2万円を支払うという文章まで確認できます。

 

当然そのような高額報酬を設定しているのですから、悪意ある比較サイト運営者が誕生し無い訳がありません。

 

実際に「現金化 未成年」とWEB上で調べますと、まるで18歳の未成年者でもショッピング枠現金化が可能であるかのように広告をしています。

 

当然ながら20歳未満の未成年者は法定代理人が存在する以上、ショッピング枠現金化業者では利用を一切受け付けていないことが基本です。

 

現在何らかの経緯で閲覧されている未成年の方は確認する必要は一切ありませんのでご安心ください。

 

こちらで確認した内容は、特定業者ならば18歳でも対応できるとする内容で、さらにショッピング枠現金化業者からクレームが入ったのかどうかは存じませんが、掲載されている業者が少なくなってきており、それに代わってAmazonギフト券買取業者の広告を貼っています。

 

こちらも当然ながら買取の仕組み上、基本的に古物商の資格を所有している業者がほとんどですから古物営業法上、20歳未満の未成年者との取引は原則としてで違法に該当し、保護者から許可を得ようとしてもこんな事を許可する親などいるはずがありません。

 

このように高額な報酬を目的に未成年を誘い込む悪徳比較サイトの特徴は、総じて中身が無いということが挙げられますので注意して比較してください。

 

ショッピング枠現金化の真実?んなこたぁ〜ない

 

ショッピング枠現金化を行う上で外せない情報サイトからの知識収集ですが、中にはそんな利用者心情を察してか特定業者を推薦する内容が確認されており「サービスに関わる言葉+真実」と検索するとあからさまなミスリードを見る事が出来ます。

 

もともと社会的にも良くない虚業として「反社」という言葉が使われますが、まさにそんな反社に当てはまる産業がショッピング枠現金化であり、申し込みをしない方が良いに決まっています。

 

そんな中で真実も嘘も有るはずも無く、ただただ100%利用しない方が良いに決まっていながらも、消費者から見れば何か奥行を感じさせるこのような表現を用いる情報サイトは、複数のお店を比較対象・・というか蔑む対象として掲載し、意図的に誘導するような仕組みで集客を募っているショッピング枠現金化業者が存在しています。

 

その詳細を閲覧してみますと、特定業者は絶賛の嵐、賛美称賛が止まらぬコメント欄となっておりますが、それ以外の同じショッピング枠現金化業者に対しては、同じ取引内容にも関わらず並べられている言葉の数々に嫌味妬みを感じさせるような言葉遣いを浴びせています。

 

これ・・・明らかに同業者たちへの嫌がらせにしか見えませんけど。

 

情報サイトはおおよそ3つに分けることが出来ます。

 

まずは例に挙げたように業者を並べて業者をコンテンツとして掲載するところ、次に広告報酬目的にただ業者が紹介文が掲載されていて運営者独自の情報発信が無いところ、最後に情報発信をしながら業者を紹介するところ。

 

当然一番最後の情報サイトこそ消費者にとって有益(割とね)な情報が掲載されており、当該サービスを利用する上で懸念される副産物について必ず承知してください。

 

臭いモノには蓋をしたくなるのが人間ですが、自分がどういう取引を行おうとしているのか冷静に考えれば、現実と向き合う必要がある事は誰もが理解することです。

 

結局のところ、どのショッピング枠現金化業者をしても変わらぬショッピング枠現金化であり、利用規約に違反しないショッピング枠現金化など存在せず、ただ法の合間を模索した方法に過ぎずそれは各お店で異なる手段を採用していると考えてください。

 

恐らく考え方が同じであれば、例え異なる店名であろうと同じ手順を行っているお店はグループ店という解釈もすることが出来るとも言え、特にWEBの知識のある方であれば同じサーバー上に複数のお店がある場合には、紛れも無く同一経営者と考えられますよね?このように調べれば調べるほど、えげつない運営を行っているショッピング枠現金化業者の情報・・・それでもあなたは信じる事が出来ますか?